第49回白鷗祭来場にあたっての注意点

  ▪ 来場当日に検温で発熱(37.5℃以上)があった方や体調が優れない方

    (咳、呼吸困難、強い倦怠感、咽頭痛、鼻汁や鼻閉、味覚及び嗅覚障害、下痢、嘔気や嘔吐の症状がある等)

  ▪ 政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への渡航及び該当国や地域の在住者との濃厚接触がある方

  ▪ 新型コロナウイルス感染症をはじめとする指定感染症の陽性判定を受けている方、自宅待機指示を受けている方

  ▪ 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方

  ▪ 同居している方や身近な知人の感染が疑われる方

  ▪ 原則マスクの着用、特に不織布マスクの正しい着用を推奨いたします。

 

  ▪ 正しいマスクの着用方法について、詳しくは厚生労働省HPから「マスクの着用について」のページをご参照ください。

 

  ▪ 会話をする際は、必ずマスクを着用していただき、周りの方へのご配慮をお願いいたします。

 

  ▪ 入場時に検温を実施いたします。(再入場時など入場する度の実施にご協力ください。)

 

  ▪ 検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合、入場をお断りさせていただきます。

 

  ▪ こまめの手洗いと手指消毒、咳エチケットをお願いいたします。

 

  ▪ ご来場者同士の十分な間隔の確保(密の回避)にご協力ください。

  ▪ 白鷗大学内へのアルコール飲料の持ち込み、飲酒しての来場は禁止です。

 

  ▪ 飲食スペースでの飲食を推奨し、会話をする際は必ずマスクの着用をお願いします。

 

  ▪ キャンパス内で買った食べ物に関しては、保健所の指示により持ち帰りは厳禁です。

 

  ▪ 買ったものを複数人で飲み回しやシェアなどをしないようにお願いいたします。

 

  ▪ ゴミは必ず所定のゴミ箱に捨ててください。

 

  ▪ その他一般的な食事のマナーは守っていただくようお願いいたします。

  ▪ 感染状況により、特定のエリアにご来場者が集中する場合がございます。

     混雑緩和のためエリアの状況に応じて入退場を規制させていただきます。

 

  ▪ 入退場時や通路の移動に委員会からの指示があった場合、それに従っていただきますようご協力お願いいたします。

 

  ▪ 終了後は速やかに直帰ください。また、来場後の会食や会合、大人数による交流は控えてください。

  ▪ 入場をお断りさせていただいた場合やご退場いただく場合でも、講演会などのチケットの払い戻しは致しかねます。

     来場前からの体調管理や感染防止にご協力をお願いいたします。

  ▪ 各企画の出演者やその他全ての委員会、関係者に検温と体調チェックを行い、衛生管理に努めます。

 

  ▪ 屋内のエリアにおいて定期的な換気を行います。

 

  ▪ 飲食スペースや模擬店などの共用スペースは、こまめに消毒を行います。

 

  ▪ その他異変が起こった場合は、直ちに保健所など保健行政機関や近隣の医療機関と連携し、関係者及びご来場者の健康と安全を

   確保する策を速やかに講じます。

  ▪ 留意点として委員会の指示により本ガイドラインに変更が生じる場合があります。

 

  ▪ 大学関係者、白鷗祭関係業者、参加団体の学生、来場者は全て、この「第49回白鷗祭新型コロナウイルス感染症対策ガイド

     ライン」に基づいて委員会の指示に従い、新型コロナウイルス感染症への対策を十分に行うこと。

 ○ 以下に該当される方につきましては、ご入場いただけません。

 ○ 来場時、第49回白鷗祭会場内でのお願い

 ○ 飲食時に関するお願い

 ○ 混雑を避けるため、委員会により会場の入場規制や移動をお願いする場合がございます

 ○ チケット等の払い戻しについて

 ○ 委員会、出演者における感染防止対策について

 ○ 委員会の指示について

​ ○ 詳細に関しましては、以下の資料をご覧ください

白鷗祭を開催するにあたり、以下の通りガイドラインを策定いたしました。

協力要請に基づき作成したものとなります。

来場者の皆さまをはじめ、白鷗祭に関わる皆さまのご理解とご協力のほど

よろしくお願いいたします。
※今後の感染状況や協力要請の変更に伴い見直しを行うこともございます。

白鷗祭を開催するにあたり、イベントの開催に関する協力要請【特措法第24条第9項】に準じた取り組みを行います。

1.「イベント開催時における必要な感染防止策」に準じた『第49回白鷗祭感染症ガイドライン』を策定いたしました。

2.「チェックリスト」を作成いたしました。

 ※接触確認アプリについて
厚生労働省HPにおいて利用推奨の取りやめの記載が確認できました。
これに伴い本ガイドラインを見直し、該当箇所を修正いたしました。
ご確認ください。
(更新日:2022年10月21日)